情報ビジネス科 ブログ(情報ビジネス 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 2年制 楽しみながらパソコンとビジネスの基本を身につける 情報ビジネス科ブログ

情報ビジネス科blog

2020年07月23日 【石ちゃんエッセイ 第39回】

アトランタのピーチトリープラザホテルは鉄の枠にガラスを嵌めた円筒形のホテルだ。

客室は外側がカーブしていて、ガラスを生かすために窓は床から天井までそして部屋の幅いっぱい、広い視界が売り物だ。 

ところが明け方ぎしぎしとかなり大きな音で目が覚めた。ガラス張りの客室が音をたてているのだから不気味。理由は太陽が昇り始めてガラスに当たり温まってくると、ガラスを支えている鉄骨との膨張率が違うためにきしむ、その音だった。

55階の客室は地平線に朝日が浮かんでいるのが眺められる素晴らしい眺望があるけれど、55階、ガラス、そしてぎしぎしという異音、この組み合わせは感激より恐怖が先行する。

n-80364996 at 11:23 | この記事のURL | |

2020年07月15日 【石ちゃんエッセイ 第38回】

建築基準法は各国にあるけれど、国によってそれぞれ違っている。

日本は地震大国だからその分野ではとても厳しいし、安全に対する考え方も様々異なるシースルーエレベーター、ガラス張りで外が見える、もあちこちでみるけれど、日本では法律上、エレベーターには囲いがないとだめなんだ。だからもう一枚ガラス張りの囲いを通して外を見ているわけだ。

アメリカではエレベーターは建物の外壁に直接ガラスのエレベーターがくっついているからその効果は抜群。ジョージア州アトランタにあるピーチトリープラザホテルは60階建てだから足元が高速でどんどん遠ざかり、ジェットコースターのように迫力満点だ。

このホテルにはもう一つ話があるけれど、それは次回に。

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年07月10日 【学科コラボレーション】

学科コラボレーション


みなさん、こんにちは!

今年4月からスタートした情報ビジネス科ホテルコースは遠隔授業と学校での対面授業を両立しながら学習しています。

そしてこの度、初めて学科コラボレーション授業が行われました!

今回はミュージックカレッジ コンサート・イベント科の2年生がホテルコースの学生のために企画を立ち上げ、発表をしてくれました

今後、両学生が手を取りあって一緒に盛り上げていく予定です!

日本工学院専門学校はたくさんの学科がありますので、このように得意分野を生かしたコラボレーション授業が行えることが他校にはない特徴です!

オープンキャンパスも再開しましたのでお気軽にご予約ください!

情報ビジネス科についてはこちら
https://www.neec.ac.jp/department/it/business/

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年07月08日 【石ちゃんエッセイ 第37回】

ロンドンからあのコッツウォールズに向かう途中に、500年前から続いているホテルがある。もちろん床や内装などは何度も取り替えられたに違いないけれど、石造りの壁や階段、石畳みなどには時代を感じさせるものがある。

ヨーロッパは石の建築だからといえばそれまでだけれど、こうして古い建物がただ残っているだけでなく、今でも使われているというのは素材以外の、つまり人の考え方にあると思う。

今我々のまわりは使い捨てが当たり前になってしまった。今月からレジ袋は有料となり自分の買い物袋を持つ人が増えてきたけれど、これは環境への配慮からの発想だ。

ホテルはものを消費するビジネス、 古いものを大切に使っていこうとしても、利用する人たちにそうした考え方がないと通用しない。こうしたことを啓蒙してゆくのも仕事のうちなのだ。

n-80364996 at 18:34 | この記事のURL | |

2020年07月02日 【石ちゃんエッセイ 第36回】

出張でちょっといいホテルに泊まったりする時、楽しみなのは朝食かな。

晩ご飯を一人で食べなくてはならない場合、ダイニングルームに一人で行くと隅のほうに座らせられることもあるし、第一、豪華な雰囲気の中での一人の食事は味気ない。それにちょっと有名なホテルでは地元の人たちで一杯だ。

ところが朝ご飯は一人がおかしくない。コーヒーショップが簡単に短時間で食事をとる場所とすれば、ダイニングはゆっくりと朝食を楽しむ場所だ。

朝日で明るいダイニングのすばらしいインテリアをゆっくり眺めることもできる。それにメニューにはないものを少しわがまま言っても聞いてくれるかもしれないよ。トーストはバターを塗ってから焼いて、とかリヨネーズポテトの上にポーチドエッグをのせてとか。

リッチな朝食はリッチな一日を約束してくれるのだから。

n-80364996 at 7:16 | この記事のURL | |