情報ビジネス科 ブログ(情報ビジネス 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 2年制 楽しみながらパソコンとビジネスの基本を身につける 情報ビジネス科ブログ

情報ビジネス科blog

2020年10月31日 ホテルコースの校外イベントに行ってきた!!

皆さんこんにちは!

おおた商い観光展Presents『好きです、大田区〜我がまち再発見!〜』にてホテルコースが出店しているイベントに参加してきました!!


IMG_0054
早速入口にて学生が挨拶して中まで案内してくれます。
IMG_0055
中に入るとすぐにカフェスペースがあり学生がいました!
沢山のお菓子屋、大田区の名物が並んでいました
(後ろではドリンクを作っているらしい)
IMG_0057
注文してすぐにお茶のサービスがあり学生が席まで運んできてくれます

今回は30分程しか滞在できなかったのでまた来てみたいですね。
本イベントは11月3日まで開催していますので気になる方はぜひ行ってみてください。
IMG_0073


それではまた!!

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年10月26日 おおた商い観光展Presents『好きです、大田区〜我がまち再発見!〜』 ホテル オリエンタルエクスプレス1階 エクスプレスカフェにてホテルコースの学生が出店します!

こんにちは。

2020年12月16日(水)まで開催中の
「おおた商い観光展Presents『好きです、大田区〜我がまち再発見!〜』」に参画する日本工学院専門学校 ITカレッジ 情報ビジネス科
ホテルコースの学生が今週の10/31から11/3までの4日間、
ホテル オリエンタルエクスプレス1階エクスプレスカフェにて
ドリンクやお菓子などの販売を行います!!詳しくは下記リンクから
ご確認下さい。↓






おおた商い展チラシ


私も実際に行って体験してみたいと思います!
その体験記をまたアップしますのでお楽しみに。

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年10月22日 【石ちゃんエッセイ 第51回】

50年前はアグレッシブなビジネス人間の象徴は、ステーキ、マティーニカクテルなど強い酒、そして葉巻だった。 

そしてそれらをすべてかなえてくれるホテルのレストランやバーはそうした人たちのたまり場になった。

そしてそれがまたホテルの雰囲気を作り出していたのだ。ロビーに洩れてくるグラスのぶつかる音やおしゃべり、葉巻の香りは、そのホテルがローカルの人たちにどれだけ愛されているかを示していた。

今、ビジネス人間は健康第一、お酒はワインになり、ホテルのフィットネスセンターがみんなが集う場所になった。禁煙はもちろん。 

でもね、葉巻を喫うシガーバーはまだ多くのホテルでしっかり生きているぜ。

n-80364996 at 18:25 | この記事のURL | |

2020年10月14日 【石ちゃんエッセイ 第50回】

日本のホテルの料金は高いか安いか。Bクラス以下のホテル料金を比べるとまあ同じくらいかな。問題は高級と呼ばれるホテルだ。比較するのは東京や大阪などの大都会、あるいは京都箱根などの人気リゾート。相手は国際的大都市であると同時に、世界で人気の観光地でもあるニューヨーク、ロンドン、パリである。
そこでの高級ホテルの料金は日本の倍近い。リーマンショックからようやく立ち直った日本のホテル料金もやっと本来の価格に戻ってきたが、そもそももう何十年も前から安いのだ。

日本は土地が高いからホテル料金は高い、と思われがちだが、世界的にみればこれが実情だ。一つには日本にはそうした高額なホテルを利用する客層が薄いということがある。日本は大きな貧富の差がないかわり、極端な富裕層も少ない。もともと需要がないのだ。

その反面、日本のホテルで働く人の平均所得は世界のホテル産業と比べれば高い。これをどうみるか。いろいろ問題提起されとところだ。

ちょっと時間をあげるから、まず自分で考えてみて欲しい。

n-80364996 at 18:27 | この記事のURL | |

2020年10月07日 【石ちゃんエッセイ 第49回】

ホテルという言葉は18世紀末のフランスで使われ始めた。

Hotelのhoはhospital、hospitality、host・hostessなどに共通しているのはもともとラテン語に由来するからだ。Hospitiumというラテン語はhospitality(ホスピタリティ)のことだけど、ゲスト用の部屋とかinnと英語で言う小規模のホテルの意味もある。このようにhoで始まるライン語を調べてみると関連するものがたくさんあって面白い。

Hospesという単語にはホスト・ホステスやゲストの意味もあるし友達や見知らぬ人の意味もあるんだ。そしてhostisという単語にも見知らぬ人の意味もあって特に敵のことをいうそうだ。正反対の意味なのにラテン語って難しいね。

ローマ時代の人がどのように使い分けていたか興味が湧くね。

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |