情報ビジネス科 ブログ(情報ビジネス 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 2年制 楽しみながらパソコンとビジネスの基本を身につける 情報ビジネス科ブログ

情報ビジネス科blog

2007年11月14日 メイクレッスン

情報ビジネス科では、就職活動が一段落して、
来年、社会人として働くことになる女子学生を対象に、
「好印象メイクレッスン講座」をしました。

今回、講座を担当していただいたメイクアップアーティストさんは、
パリコレなどでも、活躍なさっている方で、
普段、お化粧をして登校する学生も、そうでない学生も、
マイクアップのプロに、ナチュラルメイクの
コツや方法を真剣な表情で聞き、メモを取っていました。

一通り説明が終わった後、学生は、アーティストさんに実際に
メイクをしていただいて、顔だけ、社会人に「変身?」をしていました。

hashibun at 17:14 | この記事のURL | |

2007年11月09日 検定試験の季節です〜

こんにちは。蒲田キャンパスの大矢です(=^・^=)。

9月末に実施した第一回社会常識能力検定試験の結果が送られてきました。

就職活動の対策にもなる一石二鳥の検定試験ですが、なんと
3級合格率は100%(公表データ71.3%)、
2級に至っては26名中20名合格の77%(公表データ65.9%)と、
いずれも全国レベルを上回る結果となりました。

みんな、がんばったね!\(^o^)/

この勢いで秋冬の検定試験シーズンをのり切っていこう!!

n-80364996 at 17:31 | この記事のURL | |

2007年10月07日 オープンソースカンファレンス2007見学

日本工学院専門学校 中田です。

本日はITカレッジの校外実習で、蒲田の「大田区産業プラザ」で開催された、「オープンソースカンファレンス2007」に参加しました。k071007a

オープンソースとは、「作成者(会社)に著作権の権利を守りながら、ソースコード(ソフトウェアのプログラムの中身)を公開することを可能にするライセンス(権利)」のことです。代表的なものに「Linux」や「MySQL」と呼ばれるソフトウェアがあります。

各ブースには、様々なソフトウェアが展示をされており、各学生さんは各ブースでどのようなソフトウェアが開発されているのか熱心に見学しておりました。

そんな中でのビジネスコースの学生さんのミッションは・・・「会場運営のボランティア!」「受付業務」をとおして、「マナー、コミュニケーション能力の向上」を目指していただくことが目的です。

会場に来たお客様に、「パンフレット」をお渡ししたり、「会場の案内」を行ったりといった業務ですが、それぞれにこやかにお客様を受け入れておりました。k071007

 

 

 

彼女たちの来年の就職活動が楽しみです!!

n-80364996 at 10:34 | この記事のURL | |

2007年09月26日 スポーツの秋を楽しみました

情報ビジネス科(現 情報学科 ビジネスコース)の学生は、
「スポーツの秋」ということで、バレーボールやバドミントンをして
汗を流しました。

「ナイスブロック!」


「ナイスイン!」

八王子キャンパスには、スポーツカレッジや東京工科大学も
併設されているので、体育施設も充実しています。
今回は、体育館(バスケットボールのコート3面の広さです。)を利用しました。

今回は、ビジネスコースだけでなく、パソコンコースの学生も
一緒に汗を流していました。

情報ビジネス科のカリキュラムには、「スポーツ」という科目がありますが、
これは、「スノーボード」や「スキー」の実習のための選択科目で、
通常の授業では、体を動かす科目がありません。
そのため、情報ビジネス科では、「体を鈍らせない」ために、ときどき、
このように、体育施設を利用したりしています。

hashibun at 20:32 | この記事のURL | |

2007年09月12日 夏ステージ 情報ビジネス科体験入学 その2

蒲田校情報学科 中田です。

 

情報ビジネス科体験入学のレポート第2弾です。


体験入学では、「コミュニケーション能力向上」の為、学生スタッフが参加します。

普段は「学ぶ」「教わる」といったことが多い中、初めて「教える」側に立ち、その難しさを感じたようです。


「自分で操作することは簡単だけど、人に教えるのはなかなか難しい」といった感想を持った学生さんがおりました。

 

はじめは、慣れない作業や接客マナーに四苦八苦していたスタッフたちも、8月の終わりともなると自分達で積極的に仕事を行い、作業分担し、接客マナーやサポート業務も向上し、成長を感じました。

 

このように日本工学院では、「学ぶ」「教わる」といったことだけでなく、実践的な経験を学生さんに積んでもらっております。

 

担任として、今後、彼らが「社会人」として大きく成長してほしいと願っております。

n-80364996 at 16:14 | この記事のURL | |