情報ビジネス科 ブログ(情報ビジネス 専門学校)

ITで世界を結ぶ。



蒲田 八王子 2年制 楽しみながらパソコンとビジネスの基本を身につける 情報ビジネス科ブログ

情報ビジネス科blog

2020年11月25日 【石ちゃんブログ 第55回】

ホテルには様々な仕事があるけど、意外と知られていないもののひとつにランドリーがある。大型ホテルではホテル内にランドリー工場、簡単に言えばクリーニング工場を持つところが多い。

ゲスト用のシーツやテーブルクロスなどは外部に委託するけど、お客様用の洗濯のための施設だ。これは長期間滞在するゲストにはありがたいが、仕事で一晩しか泊まらないビジネス客にもありがたいサービスだ。夜にワイシャツのクリーニングを頼めば朝には出来上がっている。それにスーツケースの中でしわがよったスーツのプレスだって頼める。

あるホテルでは取れかかったボタンをしっかり留めなおして、そのことをちゃんとメッセージで知らせてくれるんだ。これはサービスを自慢してアピールしているのではなく、お客様の衣類に手をかけたことの報告なんだ。

どうだい、一流のホテルとはこうしたことができるホテルのことを言う。

n-80364996 at 20:26 | この記事のURL | |

2020年11月18日 【石ちゃんエッセイ 第54回】

朝刊に前日の首相の一日の行動が出ている。誰に会ったとか、どのような会議に出席したかなど。それを見ているとホテルで会食していることが多い。今の首相は議員会館住まいだから朝食もよくホテルで秘書官と食べている。
 
なぜホテルか。一番の理由はセキュリティだ。ある程度の規模のホテルであれば周囲の道路事情は良い、整備されているし幅も広く警備の車も待機できる。そしてホテル自身のセキュリティ体制も整っている。さらにレストランには個室が備わっているところも多く、これも安全である。

次の理由は、国会や首相官邸のある霞が関から車で10分以内には五つ六つの大型ホテルがあるので移動も楽である。 

第三にはそうしたホテルはVIPの対応に慣れていることがある。特別に目立って何かをすることはなく、他のお客様と同じように対応するので利用する側も周囲への過度の配慮をしなくてもすむ。

ホテルはやはり便利な貴重な存在である。

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年11月15日 【オープンキャンパス+体験入学開催!】

OC2OC1

みなさんこんにちは!

今日はオープンキャンパス+体験入学の開催日でした

ホテルコースでは、参加した高校生にお客様役としてチェックインを体験してもらいました

普段なかなか自分でチェックインする経験がない高校生は緊張気味でしたが、ホテルスタッフになりきったホテルコースの学生が丁寧に客室までご案内しましたので最後は緊張も解けていた様子でした

体験したい人はぜひオープンキャンパスに来てくださいね!


今後のオープンキャンパスについてはこちら
https://www.neec.ac.jp/taiken/menu/it/hotel/taiken_kamata_hotel/


n-80364996 at 16:45 | この記事のURL | |

2020年11月11日 【石ちゃんエッセイ 第53回】

ホテルを表す言葉でB&Bというのを知っているかな。これはBed and Breakfast すなわち快適な睡眠と美味しい朝ご飯を提供できるのがいいホテルということ。

ホテル仕様のベッドは大きさ、マットのかたさなど家庭用のもとはちょっと違うけど、特に快適というわけではなく、ここで言うベッドとはよく眠れる環境ということである。
 
朝食はホテルによってさまざま工夫されている。ビジネスタイプのホテルも朝食については惣菜に地域性を出すとか、米にこだわるとか、コーヒー豆を選ぶなど努力している。

都市型のホテルでは定型のアメリカンブレックファーストやコンチネンタルブレックファスト以外にもアラカルトで好きなものだけを食べることもできる。当然和食もあるけれど、アラカルトはなく定食だけ、ごはんかおかゆかの選択ぐらいである。だからぜひ一度ホテルで好きなものだけを選んで朝食を楽しんでもらいたい。

僕はリヨネーズポテトの上にポーチドエッグをのせたもの、それとカリカリベーコン、バターを塗ってから焼いたバタートーストにコーヒーが好きだ。

n-80364996 at 17:0 | この記事のURL | |

2020年11月05日 【石ちゃんエッセイ 第52回】

休日をホテルですごす。

休みの日をのんびり過ごす。ところが夕刻になると明日の朝のラッシュの出勤を思いだんだん憂鬱になってくる。 

そこでだ、なるべくオフィスの近く、といってもあまり近いのは仕事モードになるから、そう、地下鉄で2つ3つ駅離れたあたり。そのあたりのホテルで過ごす。

まずホテルへ行く前に本屋、できれば古本屋で3冊ほど好きな本をさがす。そして午後はホテルで読書三昧、目が疲れたら昼寝をする、起きてまた読書。

そうだ今日は大相撲なかび、結びの一番が終わったらホテルの中でもよし、散歩がてら外で食べたいものを探すのもよし。日曜日の都心の街は閑散としていつもとは違う顔がある。

ホテルに戻ってまた読書、窓からの夜景も心を和ませる。いくら遅くまで起きていても、なにせ明日はいつもより1時間ゆっくりできるし、ラッシュの乗り物にものらずにすむ。

この都心のホテルは君にとってはリゾートなのだ。

n-80364996 at 21:5 | この記事のURL | |